思い出を形に残そう♪綺麗な写真の撮られ方

結婚式のベストショット

結婚式は新郎新婦のみならず、親戚友人全ての出席者が一番美しく着飾って集合する晴れやかな機会ですね。

記念写真もあちこちで撮られている風景を見ますが、カメラマンに向かって御年配の方は「遺影に使えるようにお願いします」と本気とも冗談ともつかないことをおっしゃいます。
晴れの日で笑顔が自然にあふれる上、紋付でおぐしも整えているので近年で一番良い写真になることが多いのでしょう。
親族の独身女性の場合は、その後両親があわよくば見合い写真に出来ないかとカメラマンに枚数多く撮ってもらうよう声かけしていることもあります。
成人式以降で正装姿を撮るとすれば、これほどのチャンスはありませんから親心も当然です。
一方女性の出席者の皆さんは、自らカメラを持ち込んでテーブルごとに、余興前後に、自分たちを撮ることに余念がありません。
新郎新婦との写真も確かに撮っていますが、多くの来賓と式の進行の邪魔は出来ないので枚数だけを見ると自分達の写真のほうが多くなってしまうのです。
勿論、気合を込めてドレスアップしているのですから、結婚式場のロマンチックな背景を使って撮らずに入られません。

そんな結婚式で、写真が趣味の友人に撮影を頼む人も多いのですが、普段上手なはずの腕が発揮されないのが結婚式の特殊なところです。
新郎新婦の友人であれば注意しづらいのですが、会場スタッフサイドからも、進行の邪魔になる位置に陣取って写真を撮ろうとする人をどう扱おうか頭を痛めるところです。
もし、これから写真撮影を頼まれた方は、当日ほんの少し早めに会場入りして、コンシェルジュやスタッフにイベントごとのベストポイントとタイミングを聞いておくと格段にいいショットが撮影できると思います。
来賓に配られる式次第に書かれていない演出が隠されている場合、写しそびれることがあります。
もう一度、とは行かないのが結婚式での記念写真です。
スタッフが捕まらなかった場合は、裏技としてプロの動画撮影カメラの向きや、ピンスポットや照明の向きをチェックしておくと、大きな演出を逃すことがありません。
友人ならではの自然な笑顔を引き出す長所を活かし、すてきな記念写真を残してください。

Copyright (C)2017 思い出を形に残そう♪綺麗な写真の撮られ方 All Rights Reserved.