思い出を形に残そう♪綺麗な写真の撮られ方

写真の時間を巻き戻す

以前テレビで、戦後大陸から引き上げてきた祖父母の形見であるぼろぼろのモノクロ写真を復元できないかと、二つの方法を試みた場面を見たことがあります。

一つは昔から絵画の修復と同じく欠損部分を細筆で加筆していくもの。
もう一つはスキャナーで取り込み、色素データを解析して全体の黄ばみを消し、印画紙に僅かに残った濃淡を復元させ、同じく欠損した箇所を画像加工ソフトで加筆して行くものでした。
デジタルとアナログどちらも素晴らしい出来でしたが、新しく撮影しなおしたかのような仕上がりのデジタル復元は想像を超える美しい仕上がりでした。

最近では、全国あちこちの写真館だけではなく、フィルム会社でも古い写真の復元修復を行ってくれるようで、価格はやはり技術は勿論時間と根気がいる仕事ですが、案外そんなに高額ではなく一枚五千円が平均のようです。

モノクロの記念写真をカラーに変換してくれる技術もあり、これは店舗によってずいぶんと差があるようで、モノクロ写真の復元修復よりほんの少し高い程度から、カラー写真の色彩の複雑さや撮影人数の多さによっては数万円するところもあります。
器用な人で写真加工ソフトを持っている人なら自前のパソコンで挑戦することは出来るでしょうが、やはりプロの見事な仕上がりにはかないません。
このカラー修復の売り文句に敬老の日のプレゼントに最適との一文がありましたが、なるほど心の中の思い出はカラーのはずですから、祖父母の幼少期の写真をカラーにしてプレゼントすれば、忘れていた記憶がよみがえって、心のリハビリになるかもしれません。

Copyright (C)2017 思い出を形に残そう♪綺麗な写真の撮られ方 All Rights Reserved.